ドクターリセラ とうきのしずく 口コミ評判を暴露!

2014年12月31日

IGFの効果と副作用

グロースファクター IGFとは


グロースファクター「IGF」の効果について説明します。グロースファクターは成長因子とも言われます。

「IGF」の別名や成分表記名はIGF-2でヒトポリペプチド21のこと。以前は「ヒトオリゴペプチド-21」と表記されてましたね。


ヒトポリペプチド21(IGF-2)はインシュリン様上皮成長因子で成長ホルモンと同じような働きをする成分ということ。

人間の体の細胞すべてに関わっておりますが、特に多いのが皮膚、神経、骨や筋肉などです。赤ちゃんから老人までどんな人でも生まれつき機能していますが、その生成量は年齢が高くなると自然に減少していきますから補充しなければいけませんね。


IGFは育毛剤などに配合されて、すでにある程度の効果をあげているという話が伝わってきました。ヒトポリペプチド21はもともと体のどこかの細胞が傷ついたり衰えた時に再生させたり増殖させるなどの機能を発揮します。

細胞は常に入れ替わっていますが再生させれば必ず死んだ細胞などの老廃物も出ますので、それを対外に
出す働きもIGF(ヒトポリペプチド21)の仕事です。

IGFなどのグロースファクターのおかげで私たち人間の細胞がいつのまにか治っていくんですね。

ヒトポリペプチド21の副作用は?

このヒトオリゴペプチド-21の働きは美容にも役立っています。紫外線や活性酸素、乾燥というように老化に関わるものに対応しシワやシミを改善するはたらきが期待できるのでアンチエイジングには欠かせません。

IGFやEGFなどのグロースファクター配合の美容液や化粧品は使い続けるとお肌のハリをアップしたりニキビ跡の改善など肌再生に大きなパワーを発揮してくれるのでありがたいです。

そして気になる副作用ですが、現在は問題やトラブルなどの報告はありませんね。


グロースファクター「IGF」を配合しているスキンケアはまだまだ少ないのが現実。ドクターリセラの「透輝の滴(とうきのしずく)」にはちゃんと配合されていますよ。

>>>「とうきのしずく」スタートセット詳細と評判はこちら

KIMG0125.JPG

posted by リセラ at 23:03| グロースファクターの効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする